ABOUT US

演劇革命企画/演劇革命企画とは?

新プロジェクト、演劇革命企画について

2016年9月第1回公演「N.W.F~野方ワールドファンタジー~」にて旗揚げ公演にて9人という少数キャストながら動員1000名を突破した、
10月より四ツ谷のフラワースタジオを拠点に年間通して連日公演を年間300ステージ行う。
今後、小劇場から大ホールまでの公演、2017年には映画制作も行う企画である。

低迷しつつある小劇場界で生き残るやり方、芝居よりも人間力を磨く事、人とのつながりの大切さを伝えている。
従来の小劇場の主流となっているチケットノルマ制度を廃止し、役者の疲弊しない現場づくりを行っている。
また、業界関係者の招待を積極的に行っており、毎公演受付に出演キャストのプロフィールを設置、業界関係者へ積極的に紹介を行い、次に繋げる手助けを行っている。

コンセプト
「次につながる現場」
交流の場がこの企画のコンセプト
お客様、業界関係者との出会い、コンタクトの場が最大のコンセプトであり、この現場を通じて、次の仕事を勝ち取る役者を量産することが最大のテーマである。

従来の小劇場の主流となっているチケットノルマを完全廃止!!

出演者を次の現場へと繋ぐことをコンセプトとしており、各公演に、外部演出家、映画監督、助監督、プロデューサーなどの関係者を招待し、次に繋がる機会を完全バックアップ!


劇団チキンハートとは
2011年劇団旗揚げ、舞台を知らない人、あまり舞台を観ない人達にいかに楽しんでもらえるかを考え、公演を行っている劇団である。
また、第六回本公演にて4年半という異例のスピードで動員3000人ほとんど手売りで達成。
いち早い進化と成長を求める、今注目の劇団である。
本公演とは別に、高い頻度でプロデュース公演を行っておりながら、毎回700人近い動員をコンスタントに記録している。
また、ドラマ、映画とのパイプも強く、出演者から1年で30名弱キャスティングを行っている関連する演出家として 大山晃一郎(劇団チキンハート)、滝本重之(劇団チキンハート)、服部無双(UZU)、いけてるまさ(ちーむはちぽち)などがいる。


制作 小畑幸英
外見を取り仕切る「制作」というものの概念を崩し、中身をも取り仕切る「プロデュース制」を導入し活動を行う。
2004年~1年間世田谷パブリックシアタープロデュース公演に関わる。
2006年からは(株)キティフィルム主催「たいしゅう小説家」でキャスティング及び制作担当。
全プロデュース公演では企画段階から関わり作演出のブッキング、キャスティングまで行う制作体制を現在まで行い2000年より2016年までに200本近い公演に関わりを持つ。
関連する演出家としては西田征史、中津留章仁(TRASHMASTERS)、西永貴文(猫☆魂)、林邦應(IOH)、堀江慶(CORNFLAKES)、神徳幸治(オフィスクレッシェンド)、井上テテ(劇団マカリスター)、西田シャトナー、田村孝裕(ONEOR8)、岡本貴也、羽原大介(昭和芸能舎)、園田英樹、田中優樹(ユーキース)、粟島瑞丸(演劇集団Z-Lion)、西田大輔(ANDENDLESS)、植田朝日(劇団コラソン)、金沢知樹(劇団K助)などがいる。


演劇革命企画
since 2016
http://www.engekikakumei.com
Copyright © 2016 演劇革命企画
All Rights Reserved.